HOME » 千葉のエリア別墓地カタログ

千葉のエリア別墓地カタログ

このカテゴリでは、千葉県の中央・北部・南部エリアにある墓地を「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」に分けてご紹介しています。それぞれの墓地の特徴は以下の通り。

公営墓地

各都道府県・市区町村などの自治体が管理・運営している墓地のこと。運営元が自治体なので永続性が保証されており、永代使用料・年間管理費なども安く設定されていることが多くなっています。宗旨・宗派などの制約もなく、石材店も自由に選べるのが特徴です。

ただし、墓地によって異なりますが公営墓地の申し込みには「一定期間その市区町村に居住していること」「遺骨の有無」などの条件が設けられています。募集する区画が決められていて好きな場所を選べなかったり、墓石の形状・大きさが指定されていることも。また、抽選によって取得が決定するため、墓地によっては競争率が非常に高くなっています。

民営墓地

民営墓地とは、公営法人・宗教法人が管理・運営している墓地のこと。民営と言われていますが、営利を目的とすることは許可されていません。民営墓地は購入するための条件・資格が少なく、宗旨・宗派も問わないところがほとんど。区画の広さやバラエティも豊かで、建てたいお墓のデザイン・予算などによって選ぶことができます。また、休憩所・法要施設・バリアフリー設計など、施設が充実しているのも◎。公営墓地と異なり、生前購入も可能です。

墓石を購入する際の石材店が指定されていることが多く、選択肢がほとんどないのがデメリット。永代使用料・年間管理費などの設定も、公営墓地に比べると比較的高額となっています。

寺院墓地

寺院墓地とは、その名の通り寺院が管理・運営する墓地のこと。寺院の境内もしくは近隣に墓地がある場合と、離れたところに設置されている開発型の墓地があります。寺院墓地に区画を購入するためには寺院の檀家になる必要がありますが、葬儀・法要などについて僧侶に相談できるのがメリット。最近では、宗旨・宗派を問わない寺院墓地も増えています。

ただし、昔ながらの寺院墓地は土地が限られているため空き区画が少なく、墓石のデザインにも制限が設けられていることがほとんど。また、檀家として寺院の活動・行事に参加したり、経営維持のための寄付金を求められるケースもあります。