千葉県の霊園・墓地を徹底比較一覧 » あなたにピッタリな墓地・霊園の探し方 » 大切なペットと一緒に供養してもらえる千葉のおすすめ霊園3選

大切なペットと一緒に供養してもらえる千葉のおすすめ霊園3選

「ペットと一緒のお墓に入りたい」と思っているなら、共葬可の霊園を探すのがおすすめです。

とはいえ、どこの霊園なら大切なペットとずっと一緒に過ごすことができるのか、よくわからないという人も多いですよね。

そこで、今回は千葉でペットと一緒に供養してもらえるおすすめの霊園を3ヶ所ご紹介していきます。

 

ペットとずっと一緒にいられる千葉のおすすめ霊園3選

ペットとの共葬ができる千葉県内の霊園の中から、とくにおすすめの条件を持つ3ヶ所を選びました。

バリアフリーかつ交通の便も抜群な「メモリアルパーク千葉東霊苑」

メモリアルパーク千葉東霊苑はアクセスがよく、千葉東金道路高田ICを下りてすぐの場所にあり、最寄りの外房線誉田駅からはバスで行くこともできます。霊園内は全面的に段差のないフラットなデザインを採用しており、余裕を持って幅を広く造られた参道には、非常に水はけのよい丈夫な素材を使っているのが特徴です。

また、公式ホームページで共葬墓地の費用を明示しているのも良心的といえますね。

セキュリティも万全で落ちついた雰囲気の「やすらぎパーク市原」

やすらぎパーク市原は、山倉ダムのすぐそばにあるペット共葬可の霊園です。全体的に高級感のある和風のデザインで統一されています。日中は管理人が常駐しており、夜間は警備会社とも契約をしているため、セキュリティが高いのがポイントです。

また、やすらぎパーク市原もバリアフリーとなっています。オーダーメイドで墓石のデザインを考えることができるのも、大きな利点ですよ。

現代的なデザインの公園墓地「サニープレイス松戸」

サニープレイス松戸は、敷地内を緑で埋め尽くした公園型の霊園です。広く見通しのよい霊園スペースと、木々に囲まれた休憩スペース、現代的な休憩所を利用することができます。駐車場が広いため、車で参拝しやすいのもポイントです。また、最寄りのバス停から歩いて5分なので、車がなくても気軽にお参りに行くことができますね。

なぜペットとの共葬を希望する声が高まっているのか

ペットを家族としてみなす

昔からペットを飼っている人はその動物を家族のように可愛がるものでしたが、近年のペットブームはその風潮により一層の拍車をかけています。ペットに服を着せて歩くのは当たり前の時代です。ペット用のおやつにはケーキなどのスイーツをイメージした食べ物も登場し、ペットと人間の扱いが同等の水準にまで上り詰めています。

ペットを人間の家族と同じように位置づける飼い主が増えている以上、その家族が亡くなってしまったときにも人間と同等に供養してあげたいと思うのは自然な流れです。家族と同じお墓に入りたいと思うのは誰にとっても当たり前の感情であるため、その対象がペットも含まれるようになった結果であるともいえるでしょう。

単身世帯が増えた

人間にとってのペットが家族と同じ位置づけになっている背景には、社会のあり方も理由の一つとして捉えられます。核家族化ともいわれる日本では、例えば伴侶に先立たれた場合に家族と呼べる相手がいなくなってしまう人が少なくありません。

あるいは生涯を一人で過ごす人にとっても同様の状況となります。そのため話し相手がいない中で、ペットは唯一心の拠り所になるのです。

ペットの供養はどのように行われるか

共葬墓が建てられる場所はどこになるのか

従来の霊園でペットとの共葬が禁止されてきた理由としては、宗教上の考え方が一つの原因として挙げられます。しかしそれ以外にもより深刻な問題はあります。他の霊園利用者や墓地の建つ土地を所有している人などが、ペットも同じ区画に埋葬されることについて厳しく反対しているという背景があったのです。

そのためペットと一緒に入るためのお墓を作る際には、共葬墓区画を設け、専用のスペースとして区切っている霊園が多くあります。

共葬墓での納骨方法

仏教では亡くなった人の魂について輪廻転生の解釈を唱えていることが一般的です。家族とはいえ、人と動物のお骨を一緒に埋葬してもよいものなのかという議論について、同じ宗派の中でも見解は分かれる場合があります。そこで共葬墓であっても、納骨室は分けてお骨を納められるお墓も増えています。

これは世間のニーズと宗教上の考え方を上手くまとめた納骨方法です。

人間と変わらない供養の方式

ペットとの共葬墓を建てられる霊園の場合、ペットの供養も人間と同等にとり行ってくれるところが多いです。人間と変わりなく読経してもらい、四十九日の法要など、亡くなった人のための行事を行うことが可能です。霊園によっては慰霊祭を行う場合もあり、参加を申し込む希望者も少なくありません。

購入時期、相場は?ペットと一緒に入れるペット共葬墓の疑問に答えます!

ペットの葬儀にはどの程度の費用がかかるか

亡くなってしまったペットをお見送りする費用は、霊園によってそれぞれ少しずつ異なります。一般的な火葬の費用であれば、数千円から引き受けてもらえる場合が多いです。

ただし霊園によってはペットの体重によって料金を変動するなど、価格設定が細かく設定されていることもあります。ペットを静かに見送るためにも、納得できるプランを見つけることが大切です。

共葬墓の価格相場

ペットと一緒に入れるお墓を希望するならば、先祖代々のお墓にペットのお骨も納めてもらうことは難しい場合がほとんどです。そのためペットとの共葬墓に入りたい人であれば、新たにお墓を購入する必要が出てきます。

共葬墓の相場としては、安いものであれば50万円前後から購入が可能です。土地の広さや墓石の仕様などによって変動はしますが、ある程度安価にペットと眠れる場所を購入することができるでしょう。

その一方で、高いものであれば100万円以上のものもあります。高額の共葬墓の場合、多くは100万円から130万円前後の価格設定となっています。

共葬墓の購入時期

お墓を買う時期は本人の自由意思に任せられるため、いつまでに買わなければならないといった決まりはありません。強いて言うのであれば納骨の時期に合わせてあげるのがよいでしょう。

また、火葬後一年以内なら無料で納骨できるとしている霊園は多いです。そのため一年以内に購入するなど、お世話になる霊園の方針に沿った形で購入する方法もあります。

ペットと一緒に入れるお墓が増えている!

一般の霊園では、ペットのお骨を納骨することを断られてしまうケースも多いです。しかし、「ペットは大切な家族だから、供養も一緒にしてほしい」というニーズが高まっていることから、積極的に「ペット可」としている霊園も増えてきているのです。

宗教的な理由やトラブル予防のため断られることが多い

法律上、自分のお墓にペットのお骨を納骨することに問題はありません。しかし、霊園側が宗教的な考え方やトラブル予防の観点から、納骨できるのは人間のお骨だけというルールを作っているため、ペットとの共葬を断られてしまうケースが多いのです。

言い換えれば、霊園の方針が「ペットも一緒に供養できる」というものであれば、何の問題もなくペットと一緒に眠ることができます。

ペット共葬可の霊園には「よい霊園」が多い!

古くからある霊園や墓地の場合、従来の利用者に配慮しなければならないため、なかなか「ペットとの共葬」という新しいルールの導入に踏み切ることができません。

一方で、新しくできた霊園なら新ルールの導入も簡単です。新しく造られる霊園は、利用者を増やすためにバリアフリーなどの利便性に配慮し、デザインもおしゃれにしています。

そのため、ペット共葬可の霊園は設備面でも見た目の面でも条件のよい霊園が多いのです。大切なペットとの共葬をお願いできる霊園は、それほど数がありません。その代わり、どの霊園もきれいで新しいため、選んで後悔する可能性は低いです。

ただ、県内にいくつかあるペット可の霊園も、それぞれ違う特徴を持っています。供養の仕方や、お墓のデザインにこだわりたい人もいるでしょう。

ぜひ一度見学に行ってみて、ペットと自分が気にいる霊園かどうかを確かめることをおすすめします。