千葉県の霊園・墓地を徹底比較一覧 » あなたにピッタリな墓地・霊園の探し方 » 終活するなら?出費が少ない民営墓地と永代供養してくれる寺院墓地

終活するなら?出費が少ない民営墓地と永代供養してくれる寺院墓地

民営墓地とは、宗教法人や公益法人など、自治体以外の非営利団体が運営する墓地のことを指します。

そして寺院墓地とは、寺院が運営している墓地のことです。お寺に隣接している墓地のことを指します。

とはいえ、もっと具体的な違いがわからないと、どちらを選べばよいのか判断できませんよね。

そこで、今回は民営墓地と寺院墓地の違いを3点にわけて説明していきます。

1. 自由な民営墓地と制限のある寺院墓地

1つ目の違いは、お墓を建てるにあたって制限があるかどうかです。

民営墓地はデザイン・宗教・国籍すべて自由

民営墓地は、国籍や宗教の制限がなく、墓地に空きがあれば自由に入居できるのが特徴です。墓石のデザインや大きさなども特別制限されていないことが多いため、一風変わったデザインのお墓を建てたいという人には民営墓地が向いていますよ。

寺院墓地は檀家にならないとお墓を建てられない場合もある

寺院墓地では基本的に、そのお寺の宗派の人でなければお墓を建てることができません。また、多くのお寺では墓地の管理を檀家からの寄付によって行っていることから、そのお寺の檀家にならないとお墓を建てられない、という制限がある場合もあります。お墓のデザインや大きさも指定されることが多いです。

公営墓地は制限がない

一方、公営墓地は、墓石や宗教に関する制限が基本的にありません。公営墓地の所有者は、宗教とは一切関係のない自治体ですし、民営墓地のように提携している石材店もないので、どこで墓石を買うかも自由です。 周囲の墓地に迷惑にならない範囲であれば、墓石のデザインも自由に選ぶことができます。民営墓地よりもさらに自由度が高いと思っておけばよいでしょう。

 

2. 外部サービス充実の民営墓地と内部サービス充実の寺院墓地

民営墓地と寺院墓地は、内外どちらのサービスを重視しているかが違います。

設備や霊園内のバリアフリーなどが整っている民営墓地

民営墓地は法要やその集まりなどを直接行うことはないため、霊園や駐車場の広さ、バリアフリー、会食用の施設といった外部のサービスを充実させています。

永代供養をしてもらえる寺院墓地

永代供養とは、お墓参りに行けなくてもお寺が供養と管理をしてくれることをいいます。お墓を建てる際、檀家になることが多いこともあり、地域密着型でお墓を建てた後のサービスも充実しているのが特徴です。

管理体制が自治体によって違う公営墓地

公営墓地のサービスは、墓地を管理している自治体によって大きく違います。自治体ごとに考え方が違ううえ、墓地の管理に関しては、自治体が直接行っているものもあれば、外部機関に委託している場合もあるからです。

どういう墓地かは、自分で実際に足を運んでみて、気に入るかどうかを確かめる必要があります。また、公営墓地では個別タイプの墓地のほかに、合葬墓なども多いので、実質的に永代供養を受けることができる場合も少なくありません

 

3. 出費が少ない民営墓地と出費の多い寺院墓地

どちらかといえば、寺院墓地は管理や維持にお金がかかります。

民営墓地に必要なのは安い管理料だけ

民営墓地は、寺院墓地と比べると定期的にかかる管理料は安いことが多いです。お墓を建てるときに支払う永代使用料以外には、管理料しかかかりません。

檀家になるとなにかと出費が増えてしまう寺院墓地

檀家になった場合、お寺の行事に参加したり、お寺の管理運営のために寄付したりする必要があります。お墓がある限り檀家も続けることになるため、管理料以外の出費も不定期ながら延々と続くのです。

圧倒的に費用のかからない公営墓地

単純な維持管理費を比較する場合、公営墓地が一番優れています。自治体が管理しているというだけあって、年間の管理料や永代使用料も、民営墓地や寺院墓地よりもはるかに安い場合がほとんどです。また、合葬墓に入る場合、供養も毎年行われるのではなく、数年に一度慰霊祭といった形でまとめて行われることになるため、そのぶん費用がかかりません。

民営墓地・寺院墓地・公営墓地の特徴とメリット・デメリットまとめ

最後に、それぞれの墓地がもつ特徴や、メリット・デメリットを表にまとめました。

  民営墓地 寺院墓地 公営墓地
お墓の制限 基本的には、なし。宗教、国籍を問わずお墓に入ることができる。ただし、利用できる石材店が指定されている場合が多いため、必ず好きな墓石を選ぶことができるとは限らない。 宗派・宗教を問わない墓地を用意する寺院墓地も増えているが、基本的には檀家にならないと利用不可能。寺院によっては、宗派の制限がない区域にお墓を買ったのに、あとから改宗を求められる場合もある。 宗教・宗派・人種・性別一切の制限がない。自治体が管理しているが、場合によっては他県に住んでいた人でもお墓に入ることができる。石材店の指定もないため、墓石のランクやデザインも自由。
重視する
サービス
交通アクセス、景観のよさ、デザイン性、バリアフリーといった、墓地全体の管理や、設備面の内部サービスが充実している。休憩所など、共有の施設が多い墓地も少なくない。 永代供養が可能。すぐそばに寺院があることから、普段から手厚く供養してもらうことができる。 実際に管理している機関によって、重視するサービスは異なる。ただし、デザイン性や設備面の充実に関しては民営墓地に劣り、供養の手厚さに関しては寺院墓地に劣る場合が多い。
お墓の維持費 寺院墓地に比べると、維持費は安い。お墓の購入時に支払う永代使用料を除けば、年間の管理料だけでお墓を維持することができる。 永代使用料だけでなく、年間の管理料も安くはない。また、檀家になることで、寄付や行事への参加を求められることも多く、不定期な出費が増える。 民営墓地・寺院墓地に比べると、永代使用料・年間の管理料はどちらも安い。一番お金がかからない。
メリット 費用がそれなりに安く、デザイン性や立地面に優れる。宗教や宗派の制限もない。 非常に手厚く供養をしてもらうことができる。代々お墓を引き継いでいくのに最適。 安い。自治体所有の墓地なので、土地が広いことも多い。また、宗教や宗派の制限も一切ない。
デメリット 利用できる石材店が指定されている場合がある。条件のよい墓地は高い。 檀家になる必要があるため、費用と手間がかかる。墓じまいや墓を移すとき、トラブルになりやすい。 墓地に空きがある場合しか募集が行われないため、競争率が高い。応募条件等もあり、人によっては利用するのが難しい。

終活をするときは、お墓や弔いに関して何を重視しているのかを見つめ直す必要があります。地元のお寺で手厚く弔ってほしい、多少お金がかかっても問題ないと思う人は寺院墓地がおすすめです。

安くてきれいな霊園に、こだわったデザインのお墓を建てたいと思う人であれば民営墓地のほうが向いていますよ。民営墓地にも寺院墓地にも、それぞれメリットとデメリットがあります。

とはいえ、実際に見て比較しないとわからないことも多いため、まずは見学に行ってみるのがよいでしょう。