千葉県の霊園・墓地を徹底比較一覧 » あなたにピッタリな墓地・霊園の探し方 » 相場は150万円! 安くて良い千葉のお墓の探し方

相場は150万円! 安くて良い千葉のお墓の探し方

千葉県内でお墓を買うときの相場は、150万円です。かなりのお金がかかるため、できれば安くて良いお墓を見つけたいですよね。

しかし、お墓は購入したあと100年、150年と使いつづける家の財産です。

不良品の石材を掴まされないように、千葉におけるお墓の相場や、お墓探しのコツを知っておきましょう。

千葉のお墓の相場は平均150万円!

千葉でお墓を建てるには、平均して約150万円かかります。150万円という金額の内訳は、墓地そのものの使用料である「永代使用料」と石の値段・墓石の工事費である「墓石代」、そして定期的に霊園や寺院に支払う「管理料」の3つです。

内訳1. 「永代使用料」は霊園の立地や人気度で大きく変わる!

永代使用料とは、墓地の利用料のことです。お墓を建てるためだけに土地を買うわけにはいかないため、霊園や墓地と呼ばれる場所に永代使用料を払って土地を使用させてもらうのです。霊園や墓地の金額は、千葉県内だとおおよそ15万円から40万円ほどです。「駅から近い」「景色や由来がよく人気がある」「広い」といった条件がつくと、そのぶん高くなる傾向があります。

内訳2. 「墓石代」は墓石にこだわると青天井!

墓石の代金は、大体100万円から300万円が全国基準の相場です。もっともお金のかかる部分といえますね。お墓は、基本的に親から子へと受け継いでいくものです。一度建てたお墓はその場所で100年以上も使うことになるため、丈夫な石を選び、丁寧に工事をする必要があります。そうすると、どうしても100万円程度かかってしまうのです。

内訳3. 「管理料」は墓地によってさまざま

使用権を買った場所、つまり墓石の掃除や管理は自分たちで行います。それ以外の共用部などを管理する費用として支払うのが、管理料です。どのくらいの周期で払うのかは墓地によってさまざまですが、大体年間で5,000円から1万円かかります。

サービス充実で広い千葉の霊園と全国の霊園を比較してみよう

当サイトが紹介しているのは、千葉県内にある優良霊園です。しかし、千葉の霊園のよいところだけを主張しても、いまひとつよさがわからないという人もいるでしょう。
そこで、千葉の霊園と全国各地の霊園を比較して、どれくらい千葉の霊園が優れているのかを説明したいと思います。

千葉の霊園は高い?それとも安い?

すでにお伝えしたとおり、千葉で墓地の購入に必要な金額は、おおよそ150万円前後です。永代使用料が50万円ほど、墓石が100万円前後で、そのほかに年間の管理料がかかる計算となります。

それでは、全国平均で見たときの霊園の価格は、高いのでしょうか。それとも、安いのでしょうか。調べてみました。

「いいお墓」が行っている「お墓の消費者全国実態調査(出典:https://www.e-ohaka.com/research/)」によると、お墓の購入に使った金額の全国平均は、「2015年が201.5万円」「2016年が181.5万円」となっています。同調査によると、千葉県の平均価格は、「2015年が180.7万円」「2016年が174.0万円」です。

冒頭でお伝えした150万円という相場と金額が離れているように感じるかもしれませんが、実際には東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県でお墓を買う人のうち、40パーセントが総額150万円以下でお墓を購入しているため、実質的な予算が150万円という点に違いはありません。

全国平均と比べてみると、千葉の霊園が平均よりも安いことがよくわかります。なお、千葉のお墓の平均価格は、1都3県のなかでも一番低いです。平均だけでなく、実際の霊園を例に費用を比べてみましょう。

たとえば、高田インターチェンジをおりてから30秒という好立地ながら広々とした公園墓地「千葉東霊苑」の場合、永代使用料と墓石を合わせて、「一式36万円」でお墓を購入することができます。

一方、都内の一等地にある「青山霊園」の場合、永代使用料だけで最低でも437万円からです。さらに墓石代がかかるため、実際には1,000万円以上の予算がないと、お墓を買うことができません。

霊園には非常に高いものから安いものまでさまざまであり、一括りに考えることは難しいですが、千葉の霊園が全国的に見ても比較的安いのは事実です。お得度は高いといえるでしょう。

墓地としての広さの比較

一般的に購入される墓地の広さは、おおよそ1㎡から2㎡以下となります。墓石を建てるのに必要なサイズがある程度決まっていることから、墓地の広さは全国どこを見てもほとんど同じです。千葉でお墓を買った場合、他県よりも広い、狭いといった大きな違いはありません。

ただし、土地が狭く地価が高い東京と比べると、千葉の霊園のほうが墓地の広さも霊園全体の広さにもゆとりがあることが多いです。東京では、広さ1㎡前後という省スペースなお墓も多いですが、千葉だと大体1.5㎡以上のお墓を取り扱っています。

サービスの充実度を比べてみよう

千葉は、東京近郊だけあって人口も多く、また緑も多い県です。中型から大型の霊園が多いこともあって、広々としているだけでなく、周辺の景観や自然環境に恵まれた霊園も少なくありません。敷地そのものが広いことから、通路の幅にも余裕があり、バリアフリーが完備されている霊園も多いです。

また、東京ほどではないものの、樹木葬やペットといっしょに入ることができるお墓など、一風変わったスタイルのお墓を扱っている霊園も少なくありません。地方に比べると、価格や広さの違いはもちろんのこと、故人をどのように弔うかなどの自由度も含め、お墓選びの選択肢が広いと言えます。

千葉の霊園の立地について考える

千葉の霊園は、関東圏にあるためアクセスも便利だといえます。関東平野の一部だけあって山も少なく、郊外の大型墓地でも車やバスで気軽にお参り可能です。東京やその他地方、大都市からお参りにやってくる場合も、交通面で苦労することはないでしょう。

安くて良いお墓探しのポイント!

予算の大部分を占める墓地と墓石の相場がわかったところで、安くて良いお墓を建てるコツをお伝えします。

お参りのしやすさを妥協すれば安い墓地がたくさんある

墓地は、景観やアクセスがよければよいほど高いです。言い換えれば、多少駅から離れている墓地を選べば永代使用料をかなり抑えることができます。ただ、お墓を建てたあとは毎年お参りも行います。 元気なときはさておき、歳をとって足腰が弱くなってからもお参りできるかどうか、ということもよく考えて決めましょう。

安すぎる墓石にはリスクがある

お墓を建てる予算のなかで、もっとも内訳の大きい墓石をできるだけ安くしたい、と考えるのは当然のことです。しかし、安すぎる墓石にはリスクがあります。見た目がきれいでも内部がもろく、数年もたたずにヒビが入ってしまったり、さびてきたり、すぐにツヤがなくなってきたり、なかには優良とはいえない墓石を堂々と販売している業者もいるからです。 困ったことに、石は天然ものなのでぱっと見ではなかなか良し悪しがわかりません。

だからこそ、良い墓石だけを取り扱う優良な石材店を見つけることが、安くて良いお墓を建てる重要なポイントとなります。

相見積もりで石材店を比較しよう

安くて良い石材を使い、技術も確かな石材店を見つけるには、相見積もりが一番です。ただ、石材店は全国各地にあります。素人目にどのお店が優良なのかを判断するのは簡単ではありません。

そこで頼りになるのが、優良な石材店のみを集めた費用比較サイトです。短時間でも多くの石材店を知ることができ、比較検討や相見積もりも手軽にすることができます。

千葉でお墓を建てるなら、永代使用料と墓石代、管理料を含めて150万円ほど必要です。ただし、多少妥協して安い墓地を選び、優良な石材店と出会うことができれば、相場より安く良いお墓を建てられます。 優良石材店を見つけるには、手軽に相見積もりができる比較サイトの利用がおすすめです。

信頼できる石材店を見つけて、できるだけ安くて良いお墓を建てましょう。