千葉 稲毛御廟

千葉の室内墓所である稲毛御廟の特徴と、サービスの内容についてまとめました。

先進の室内墓所である千葉稲毛御廟

千葉県にある稲毛御廟は、500年の法統を受け継ぐ浄土真宗千葉光明寺の敷地内に作られた先進の室内墓所です。日本に伝わる「蔵」をイメージして作られた白壁の建物は、耐震性・耐火性に優れた堅牢な鉄骨構造。大切なものを永代にわたって守り・伝えることのできる墓所です。

千葉稲毛御廟の特徴
引用元:千葉稲毛御廟公式HP
(http://inage-gobyo.jp/about/)

季節や天候に左右されない快適な室内墓所

千葉稲毛御廟は室内に納骨堂があるため、季節・天候に左右されない快適さがメリット。全6ブースある参拝所は広々としたスペースが設けられており、隣同士はパーテーションで仕切られているため人目を気にせずゆっくりとお参りができます。また、参拝所をはじめとする施設内は、スタッフが毎日丁寧に清掃を実施。季節や壁画などに合わせた花も供えられており、心やすらぐひとときをお手伝いしています。厨子の使用権は子供だけでなく親族・孫などにも継承でき、年間管理費のみで永代にわたって利用できるのも特徴です。

耐震性・耐火性・セキュリティに優れた納骨堂

稲毛御廟の納骨堂はトヨタグループの豊田自動織機が設計・施工したもので、耐震性・耐火性に優れた建物。遺骨の管理も、トヨタL&Fが開発した最新鋭の自動移送式納骨システムを導入しています。システムの日常的なメンテナンスは可能な範囲でスタッフが対応しており、すべてメーカー任せにしていないのが◎。セキュリティも万全です。

安心安全なバリアフリー構造

稲毛御廟では、山門から駐車場・参拝所までの道は完全バリアフリー構造となっています。道はフラットで段差などがなく、車いすや身体の不自由な方でも安心。建物内にはエレベーター・手すりなどもあり、冷暖房も完備されていて快適です。また、お参りの前後の休憩や待ち合わせなどに使えるロビーには雑誌と飲み物を用意。さらに20畳の書院(二ノ間、三ノ間)・別棟の庫裏は法要などにも使用できるので、あちこち場所を移動せずに済みます。

後継者が途絶えても「永代供養」が可能

現代では、核家族化や少子化によって後継者が途絶え、先祖代々のお墓を守っていくことが難しくなっています。そんな中、将来を考え永代供養墓を求める方が増えてきています。稲毛御廟を運営している千葉光明寺は、500年の法統を受け継ぐ無量寿山光明寺の別院です。『霊園事業』『布教活動』『社会貢献』を柱としている歴史ある寺院に安心して任せることができます。また、稲毛御廟の厨子には使用の期限はありません。お子様だけでなくご親族の方でも使用権の継承が可能となっており、永代に亘って利用できるシステムになっています。

千葉にある霊園の価格を比較チェック

基本情報

所在地 千葉県千葉市稲毛区穴川町383-3
アクセス 車:京葉道路「穴川インター」より1分
電車:千葉都市モノレール「穴川駅」徒歩3分
宗派 自由
費用目安
(永代使用料)
・パーソナルタイプ(個人用):480,000円/年間管理費10,000円
・ファミリータイプ(家族用):880,000円/年間管理費10,000円
総面積/区画数 227.54m²/要問合せ
施設・設備 法要施設・受付ロビー・永代供養施設・納骨施設・書院・会食室・駐車場